ウニ漁等の優先について

ウニ漁、アワビ漁及び一部漁協事業(以下優先事業という)を行う当日(年間15日程度)は、遊漁船業を休ませていただきます。 これら優先事業の計画は、明らかになり次第出船予定に掲示いたします。

 

なお、優先事業日は、キャンセルでも良いという方のご予約は承ります。

その場合のキャンセルの時期などについては、お客様のご希望に沿うように致します。

遠慮なくご相談お問い合わせいただければ幸いです。

 

私事で大変恐縮ですがなにとぞご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い致します。

 

ウニ漁

7月初旬から8月中旬までの大潮の期間(新月満月の1~2日前から5~6日の間)に6日間操業します。

 

操業の可否は、操業当日の朝5時に判断します。

 

波が高いなどで予定通り出漁ができずに計画より実績が大幅に遅れると見込まれる場合は、大潮に拘らずに出漁することが稀にあります。

 

アワビ漁

11月に4日間、12月2日間合わせて6日間操業します。

 

操業の可否は、操業当日の朝5時に判断します。

ただし、波や風の状況を目視で判断するので、夜明け時刻が遅くなるにつれて、判断時間も遅くなっていきます。

 

波が高いなどで11月に4日間出漁ができなければ、未操業日数を12月に繰り越します。

12月末日で6日間操業できない場合は、未操業日数を1月に繰り越すことが稀にあります。

 

漁協事業

ウニ、アワビ漁の権利を付与するワカメ漁、昆布漁、その他の事業が、春季1~2日、秋季1~2日程度あります。

 

操業の可否は、前日に判断します。

 

以上優先事業についてご不明な点は遠慮なくお気軽にお問い合わせください。